2007年05月09日

高く売れる人 タダでもいらない人―人材発掘の超プロが教える

ヘッドハンティングのプロが書いた本です。
ヘッドハンティングをする時には、候補者の人物を短い時間で判断しないといけないわけなので、観察力が優れているのだと思います。
そのような著者の目から見た「高く売れる人」と「タダでもいらない人」との違いを実例を交えて書いています。
どのような人が転職に向いているのかわかると思います。
ヘッドハンターの仕事は、どんなものかというのも始めて聞く話で興味深かったです。
高く売れる人の法則として40ほどあげていますが、転職を考えている人でなくても心がけておくと良いことが多いと思いました。


高く売れる人 タダでもいらない人―人材発掘の超プロが教える
石原 久美
ベストセラーズ (2003/05)
売り上げランキング: 426081
おすすめ度の平均: 4.0
3 仕事ができる人とは・・・
5 真剣に生きることで自分の価値が高まる
3 要望



posted by jp1bxx at 06:33| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ベルカ、吠えないのか?

1990年代のソ連邦の崩壊とその後の混乱を描いています。
日本軍の軍用犬4頭が、第二次大戦中にアリューシャン列島の島に置き去りにされたところから物語が始まります。
犬たちのその後の運命とが交互に語られることによって不思議な世界をかもしだしています。
そもそも軍用犬というものが存在したことすら知らなかったので新鮮に読むことができました。
最後に日本のヤクザが登場してきますが、この辺からなんだか、読んでいて、のめりこめなくなってきてしまいました。
犬好きの人には向いているかもしれません。


ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
文藝春秋 (2005/04/22)
売り上げランキング: 30801
おすすめ度の平均: 4.0
2 新しい!しかし素晴らしいかどうかは...
2 うぉん
5 直木賞獲れなくてよかったかも

posted by jp1bxx at 06:37| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

ウェブログのアイデア!―プロのライター&編集者が教える、ネタの集め方・読ませ方・見せ方のテクニック

面白いブログを作るためのヒントを載せている本です。
ブログの作り方から記事の見つけ方まで丁寧に解説しています。
特に、始める前にどんなテーマで作ればよいのかを決めるヒントがたくさん書かれています。
こんなジャンルには、こんなブログがあると具体的なサイトを載せているのでイメージがわきやすいと思います。
海外のサイトを訳してみようというページでは、英語初心者向けのPodcastingを行っているVOA newsのSpecial English や1500語の単語で書かれた子供用ニュースサイトTime for Kids などが紹介されていて、英語の勉強に良い情報を得たと思いました。


ウェブログのアイデア!―プロのライター&編集者が教える、ネタの集め方・読ませ方・見せ方のテクニック
デジビン
アスペクト (2005/03)
売り上げランキング: 256017
おすすめ度の平均: 4.0
4 アンテナの張り方
5 非常に真っ当な解説書
4 ブログへの始めの一歩、ネタ探しに活用!


posted by jp1bxx at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

出世しない技術

前著「残業しない技術」の続編です。
何事も「サクっ!」と行うのがポイントというのは共通です。
「出世して得るものと犠牲にするものを天秤にかけたことがありますか?」という言葉が冒頭に出てきます。
釣りバカ日誌のハマちゃんみたいな生き方が理想かもしれません。
さぼるのではなくて、「いい人」を目指すことでリストラから逃れられるというメリットもあるようです。
中途半端が一番いけないということがくわかりました。
薄くて読みやすい本ですが、このシリーズは、まだまだ続くのでしょうか???


出世しない技術
出世しない技術
posted with amazlet on 07.04.26
梅森 浩一
扶桑社 (2004/10)
売り上げランキング: 117694
おすすめ度の平均: 3.5
3 どっちなの?
3 上級編?
3 「すんどめ」な生き方って幸せなのか?(そうかもしれないが)


posted by jp1bxx at 17:48| 東京 ☔| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

残業しない技術

元チェース・マンハッタン銀行日本統括人事部長の著者が書いた本です。
「クビ!」論で有名だと思います。
効率的に仕事をして残業をしないようにするということは賛成ですが、世の中には、残業せずに定時で帰りづらい雰囲気の会社が多くあるのは問題だなあと思いました。
1人だけ早く帰っても上司や同僚から責められないようにする技術もいくつか紹介しています。
それを思うと、自分の会社の職場はこんな苦労をしなくても好きな時間に帰れるので、良い雰囲気だなあとありがたく思いました。
完璧主義を目指すのではなくて80%でもやりすぎだとか、プライオリティやアウトプットは上司(仕事の依頼者)に合わせて決めるなどはなるほどと思いました。
また書類の捨てる技術も大事だと痛感しました。


残業しない技術
残業しない技術
posted with amazlet on 07.04.26
梅森 浩一
扶桑社 (2004/07/16)
売り上げランキング: 63883
おすすめ度の平均: 3.0
3 まじめすぎるのも考えもの
1 うーん、期待はずれ
3 朝早く仕事を始めるのは基本。



posted by jp1bxx at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

ナラタージュ

恋愛小説というのは、あまり読まないので新鮮でした。
高校生から大学生にかけての青春時代を繊細な表現で描いています。
まだ、著者は大学生というのに2度も芥川賞候補になっただけはあると思いました。
それほど、ドラマチックなシーンがあるわけではありませんが、日常の様子を現実感もって描かれています。
演劇部の仲間たちと過ごす青春時代を描いているシーンが恋愛シーンとは別にいいなあと思わせます。
ドイツへの旅行シーンや柚子の事件は、ちょっと余計かなとも思えましたが、最後まで気になって読まずにはいられない小説でした。


ナラタージュ
ナラタージュ
posted with amazlet on 07.04.26
島本 理生
角川書店 (2005/02/28)
売り上げランキング: 12273
おすすめ度の平均: 4.0
2 評価高いから買ってみたけれど…
4 「ナチュラル」な恋愛小説
4 ストーリー自体は好き

posted by jp1bxx at 06:48| 東京 ☔| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

4つの色でホームページのイメージ作成

色味、色調、印象から選ぶ配色を具体的にサンプルをあげています。
コラムにある、どの色と色の組み合わせがよいのかという解説がためになります。
このへんの感覚はセンスもあると思いますが、実例を見れるのが参考になります。
RGBでの記載もあるので、すぐに自分のページに使えそうです。
紙への印刷とPCの画面で見た場合に多少の誤差があると思いますが、CD-ROMがついているので、PC上でもすぐに確認できるところが良いと思います。


Web配色事典―フルカラー編
シーズ
技術評論社 (2002/07)
売り上げランキング: 363753
おすすめ度の平均: 5.0
5 4つの色でホームページのイメージ作成
5 Webセーフカラーでは物足りない人に!

posted by jp1bxx at 06:47| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。