2007年02月08日

パワープレイ

「気づかれずに相手を操る悪魔の心理術」というサブタイトルがついているように、心理学を駆使して相手より有利な立場に立てる方法を紹介しています。
ビジネスの場で実際に利用できるように実例をもとに書かれているので、参考になります。
アメリカでは「パワープレイ」の研究が日本よりかなり進んでいるそうです。
実力主義の交渉の場で、「フェアプレイをしましょう」などと言っていたら相手に負けてしまいます。
営業マンではなくてもプレゼンの方法や上司や部下との人間関係にも応用できると思います。
特に関心を持ったのは、AM理論(Attitude Map)という態度の地図です。
人は、座る位置によって、どのような人かわかるのだそうです。


パワープレイ
パワープレイ
posted with amazlet on 07.02.03
内藤 誼人
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 114677
おすすめ度の平均: 3.5
5 面白い読み物です
3 最強の交渉術とはオーバーな、でも
2 ビジネスシーンごとに分けられていて読みやすいのだが...



posted by jp1bxx at 06:35| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。