2007年02月14日

誰にも聞けなかった値段のひみつ

法政大学教授の著者が、缶入りコーヒーとお茶はなぜ同じ値段なのか?とか、マクドナルドはなぜ半額ハンバーガーを販売できたのか?など非常に身近な題材を使って経済の仕組みを解説しています。
会話形式なので、中学生にもおすすめだと思います。
バラエティ・シーキング活動、マージンミックス、キャプティブプライシングなど専門用語にも解説がついているので理解しやすいです。
大人にはちょっと物足りない内容かもしれません。


誰にも聞けなかった値段のひみつ
小川 孔輔
日本経済新聞社
売り上げランキング: 334919
おすすめ度の平均: 3.5
3 誰にも聞けな買ったと言うが
5 身近なギモン
4 中高生が読むと良い勉強になりそうな本


posted by jp1bxx at 06:34| 東京 ☁| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。