2007年02月17日

コーチングのプロが教える質問の技術

コーチングは質問することが基点となるそうです。
質問には人を育てる質問と育てない質問があるので注意しないといけません。
相手に「気づき」を生ませるような質問を心がけたいものです。
いづれにしてもコミュニケーションが大切だということがわかります。
なぜ?という質問を使わずに「なぜ」を「何」に変えるだけで受け取りやすくなるそうです。
×「なぜ納期が遅れたの?」
○「何が納期を遅らせた原因なんだろう?」


コーチングのプロが教える質問の技術
齋藤 淳子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 109170
おすすめ度の平均: 4.0
4 参考になった
4 参考になったが、体系だっていないところが残念
4 質問のバリエーションが増える

posted by jp1bxx at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。