2007年06月13日

もうひとつのグッドラック物語

「グッドラック」というベストセラーを読んだ読者からの手紙を収録しています。
1冊の本が、これほど人の人生を変えるのかということがよくわかります。
それも全てよい方向に変わりつつあるというのが素晴らしいです。
漢字には、ひらがながふってあるので誰でも読むことができます。
読者の人生の一部を垣間見ることができて、勉強にもなります。
「グッドラック」の表紙に描かれた4つ葉のクローバーが目を惹いて、書店で手に取ったという人が多いのには驚きました。
本の装丁デザインも重要なのだと思いました。


もうひとつのグッドラック物語
グッドラックプロジェクト委員会 Alex Rovira アレックス ロビラ
ポプラ社 (2005/03/19)
売り上げランキング: 110574
おすすめ度の平均: 5.0
5 一冊の本が持つ影響力とは何か。
5 1冊の本との出会い。

posted by jp1bxx at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。