2007年06月21日

部下を一人でも持ったとき読む本

(株)武蔵野の社長が、部下の教育方法について述べています。
あいうえお順に目次を作っているのも斬新です。
実例が多いので参考になります。
「1人でも部下を持ったら、その瞬間にその人は人事担当者・教育担当者になります。」という言葉が印象的でした。それほど責任が重大だということだと思います。
忙しい社長ですが、ある人から教えを請われたときに、自分が出張する新幹線の時間と座席番号を教えて、その隣に席に乗ってきてくれたらお話しますというやりかたには関心しました。
そこまでしてでも話を聞きたいという人なら乗ってくるだろうし、自分の時間も有効に使えて一石二鳥だとおもいました。


部下を一人でも持ったとき読む本
小山 昇
幻冬舎 (2002/08)
売り上げランキング: 205569
おすすめ度の平均: 5.0
5 部下がいてもいなくても
5 気合が入る1冊。著者の「闘魂」を継承せよ。
5 とにかくびっくりしました! 「あ、そうだったのか!」という感じです。


posted by jp1bxx at 06:43| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。