2007年06月25日

やっぱり英語をしゃべりたい!―英語負け組からの華麗なる脱出法

漫画家の中尊寺ゆつこさんが30代から奮起して、英語が話せるようになった経緯を自分の勉強法とあわせて紹介しています。
英語をマスターするためにニューヨークに移り住んでしまうという行動力もすごいけど、地道に勉強しようという姿勢も素晴らしいです。
英語をマスターする近道はなくて、文法をしっかりマスターすることが大事ということには説得力がありました。
また、駅前留学は、講師のあたりはずれがあるので、中級以上になると講師と英語でおしゃべりして終わりというだけで進歩がない場合もあるそうです。
しっかり発音などを指摘してくれる講師でないと意味がないようです。
中尊寺さんは2005年1月にガンのため亡くなってしまいましたが、これからTVなどで英語を駆使している姿をみたかっただけに非常に残念です。


やっぱり英語をしゃべりたい!―英語負け組からの華麗なる脱出法
中尊寺 ゆつこ
祥伝社 (2005/03)
売り上げランキング: 19493
おすすめ度の平均: 4.5
5 やっぱり基本は例文暗誦
3 やはり文法ですね
2 正直な感想だと…



posted by jp1bxx at 06:47| 東京 ☁| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。