2007年06月26日

あなたの値段―当世給料事情

毎日新聞に連載されていたコラムをまとめた本です。
毎日新聞が取材しているので、実態とはかけ離れていないだろうと思われます。
周りからは高給と思われていても本人としては、給料が高いとは思わないのだと思います。
銀行員はバブルがはじけてからかなり収入がダウンしているのがわかりました。
それに比べて高級官僚はかなりの高額の給料のままのようです。
読者からのお便りも紹介されていますが、批判ばかりではなくて、なぜそういう給与体系になっているのか、どうしたらよいのかを提言すべきだと思います。
誰でも人の給料が気になるので、おもしろい企画だと思います。
でも、ヒラ社員にとっては、あまり参考にならないかもしれません。
民間だと同じ業種でも差があると思いますし。
パイロットや医者など漠然と高給だろうと思われている人の給与体系がわかったり、アニメーター、ツアコン、カメラマンなどの苦労がわかったのも勉強になりました。


あなたの値段―当世給料事情
毎日新聞経済部
毎日新聞社 (2004/09)
売り上げランキング: 32230
おすすめ度の平均: 4.0
4 自分の業務にプロ意識を持って取り組みましょう
5 いい!
3 給与紹介


posted by jp1bxx at 06:19| 東京 🌁| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。