2007年07月13日

歌舞伎町交番の日常

新宿の歌舞伎町交番を取材した本です。
よくTVでも交番に密着した番組が制作されたりしていますが、これを文章で表現したかんじです。
夜の歌舞伎町は、恐いという印象がありますが、いろいろな事件が発生していることがわかりました。
特にボッタクリバーや風俗産業では恐い事件も多いです。
ボッタクリバーでは、お店のリストや専用の調書を作って、短時間で解決することができるように工夫しているそうです。
最近は、中国マフィアなどの事件も多発していて、苦労していることがわかりました。
また、交番には話相手を求めてやってくる人もいて、事件解決以外にも重要な役割を果たしていることがわかりました。
それにしても歌舞伎町はすごい街で、その交番で働く警察官の人も大変だなあと思いました。


新宿歌舞伎町交番
新宿歌舞伎町交番
posted with amazlet on 07.07.07
久保 博司
講談社 (2006/03/15)
売り上げランキング: 159805
おすすめ度の平均: 4.5
3 歌舞伎町交番の日常
5 治安維持から見た歌舞伎町
5 読みやすく小説タッチに描かれており、面白い!

posted by jp1bxx at 06:19| 東京 ☁| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。