2007年07月18日

本気になれば「ボロ勝ち」や

もと暴力団組長が、獄中生活を経て、足を洗って無一文から3年で年商15億円の会社を築いた記録です。
生体院というのも目のつけどころがよいですが、会社経営の方針も独特でおもしろいです。
とにかく「勢い」を重視していて、挨拶がきちんと大きな声で出来ることを成功の条件にしています。
出店交渉の方法もすごいです。
一生懸命さも大事なのですが、レシート1枚をきっかけに交渉に成功するなどおもしろり実例も紹介しています。
また、採用もやる気があれば、100%合格という方針もすごいです。
ただ、会社が大きくなってくると社員も300名を超えるようになり、全員に目が行き届かなくなってきているようです。
その苦労も伝わってきますが、マスコミなどに出演したり本を書いたりしてカリスマ性を向上させることで乗り切ろうとしているそうです。
難しい経営理論を振りかざすよりも人間的でわかりやすいことが人をひきつけるのだと思います。


本気になれば「ボロ勝ち」や
田井中 圭一
すばる舎 (2005/12)
売り上げランキング: 20516
おすすめ度の平均: 4.5
4 熱い社長のメッセージ「ビジネスの基本は、逃げるか、本気で頑張るか」
5 スッキリと痛快!!
4 勢いの大切さ




posted by jp1bxx at 06:29| 東京 ☔| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。