2007年07月19日

顧客が微笑む魔法のサービス

マジシャンを例として、サービスマジックを解説しています。
顧客に感動を与えるにはどうしたらよいのかを、プレイス・マジック、プロセス・マジック、パフォーマンス・マジック、リカバリー・マジックとして4つのジャンルでそれぞれ実例をもとに紹介しています。
最後の章のポケット版サービスマジックは、短いストーリーをたくさん紹介していて、読んでいて楽しかったです。
アメリカの事例なので、日本とは事情が少し違うかもしれませんが、参考になると思います。
銀行の電話での案内テープで、「新規口座の開設は3番を、、、」などと続いた後に、「アヒルの鳴き声を聞きたい方は、7番を押してください」というユーモアあるアナウンスを交えている例を紹介していました。
実際に、アヒルの声が流れるらしいですが、この番号を選択する人がかなりの割合でいるそうです。
お客様に意外性とユーモアを提供するおもしろいサービスだと思いました。


顧客が微笑む魔法のサービス
ロン ゼンケ チップ ベル Ron Zemke Chip Bell 坂本 理
ソフトバンククリエイティブ (2004/02)
売り上げランキング: 269215
おすすめ度の平均: 4.0
4 訳者から一言



posted by jp1bxx at 06:48| 東京 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。