2005年09月15日

解剖学個人授業

同じシリーズの「免疫学個人授業」がおもしろかったので読んでみましたが、こちらの方はいまいちでした。
「解剖学」とは何か?というのがよく伝わってこないのと、生徒役の南さんの各回の導入文があまりおもしろくない点がマイナス材料でした。

本で紹介されていたエピソードとしては、昔は、大腸と小腸の区別がついていなかったという話や実際に解剖してみた結果、本と違う点については、文献の方が正しいと思ったという話は興味深かったです。

昔の漢方で言う「五臓六腑」とは、心臓、肝臓、腎臓、肺臓、脾臓と胃、大腸、小腸、胆嚢、膀胱、三焦のことを表し、三焦とは存在しない臓器であったそうです。


解剖学個人授業
解剖学個人授業
posted with amazlet at 05.09.11
養老 孟司 南 伸坊
新潮社 (2001/03)
売り上げランキング: 30,529
おすすめ度の平均: 4.4
4 似ている、というフシギ
5 この先生は良い!
4 養老氏の個人的考え方を前面に出している



posted by jp1bxx at 06:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6939070
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。