2005年10月31日

ぎっくり腰は、もんだらいけない

ぎっくり腰は、もんだらいけないそうです。
マッサージをするのはよくないそうです。
注意しないと、、、

炎症の一種なので、患部を冷やしたほうがよいようです。
とくにか安静にしていたほうがよいそうです。

“ぎっくり腰”はもんだらダメ!
posted by jp1bxx at 23:37| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

いびきを録音できる枕

最適な枕の高さを決める為に、いびきを録音して参考にするという手法のようです。

他の使い方として、、、
・いびきをかいていないと言い張る人の証拠を押さえる。
・寝ている間に無呼吸状態になっていないか、確認する。
などがありそうです。

そのうち、録音した自分のいびきパターンから消音できる装置も開発されたりして!


[ライフスタイル]いびきを録音できる枕「聞いてびっくり」
http://nikkeibp.jp/wcs/j/lifestyle/396253
録音したいびきを確認し、いびきの軽減に最適な横向きの寝姿勢が得られる高さに枕を調整して、再度録音・確認を行う。これにより、最も自分に適した高さを選択できる。




posted by jp1bxx at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

風邪の子供はおふろに入れてもいい?

結構、意外でした。
風邪を引いたらお風呂に入れないというのが常識と思っていましたが、
そうでもないようです。昔は、銭湯が一般的だったので、熱いお湯に
長く入ることが多く、体力を消耗したり、湯冷めして症状を悪化させ
たりしたケースがあったためと考えられているそうです。
今なら自宅のお風呂だし、お湯の温度をぬるめにして、湯冷めしない
ようにしてから寝かせれば、問題ないようです。
今度から、そうしよっと!


[健康]風邪の子供はおふろに入れてもいい?
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/plus/359415

風邪の子供の入浴を禁止することについて、明らかな科学的根拠があるわけではない。
それどころか欧米では、風邪で発熱した子供を水やぬるま湯に入れて熱を下げるという、
わが国とは全く逆の習慣があるというから驚きだ。




posted by jp1bxx at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

キズ口への温潤療法のすすめ

昨日の朝日新聞の生活欄に「温潤療法」についての記事が掲載されていました。
今までは、傷口を消毒した後に、通気性のよいガーゼで覆って早く乾燥させる治療法がとられてきました。
しかし、傷口を消毒しないで、水で洗い流した後に乾かさないようにするパッド状の被覆材を貼る方が治りがはやいことがわかったそうです。
消毒しないで大丈夫なのかと思いますが、細菌と一緒に傷口の再生に必要な細胞まで殺してしまうので良くないそうです。
更に、乾燥させると傷を修復する滲出液をガーゼがすってしまったり、かさぶたがガーゼにくっついてしまい、治りが遅くなるようです。
そうは言ってもそんな治療法をしてくれるお医者さんが近所のどこにいるのかわかりませんよね。
新聞で紹介されていたHPを書いておきます。

新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/

NPO法人「創傷治療センター」
http://www.woundhealing-center.jp/


昨年3月に一般家庭向けの被覆材「バンドエイド・キズパワーパッド」が、ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されているそうです。今度、薬局で探してみたいと思います。
あとは、家庭用ラップにワセリンを塗るという方法でも代用できるようです。

バンドエイド キズパワーパッド10枚入ふつうサイズキズのなおりに
バンドエイド キズパワーパッド10枚入ふつうサイズキズのなおりに
posted by jp1bxx at 20:41| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 健康ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。